つい見逃してしまいそうな日々の生活の中の出来事から、何となく奇妙とか変とか思ったことを考え呟いています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

男系?女系?
皆さま、あけましておめでとうございます。

さてさて、このタイトルといえば話題は、
天皇陛下の後継問題、狭義には皇室典範の改訂ということですね。

カテゴリは「社会」か「政治」か、はたまた「男と女」で迷いましたが、
今回書きたいことは伝統を軸にしたことを書きたいので社会としました。

報道によれば、三笠宮寛仁さまは女系もありとすることを
厳しく批判することを繰り返されているそうです。
理由は「それが伝統だから」とのことです。
政治的な理由で日本の伝統を変えるな、ということの様です。

『伝統やしきたりは大切にしなくてはいけない』

その通りだと私も思います。

ですから、「天皇の血筋はy染色体によって受け継がれているから
女系ではダメだ」と主張する学者もおられるそうですが、
y染色体という近代の知見を根拠にすることは、チンケな学者の伝統を
無視したエビデンスなので論外です。
皇室典範に『y染色体』の文言を入れるなどおぞましいことを
許してはなりません。

次に指摘したいのは、伝統はどうだったのか、ということです。
神武天皇のご先祖様を遡るとその五代前には天照大神がいらっしゃいます。
そして、天照大神は言わずと知れた女性の神様であられるのでy染色体など
あるはずもなく、そもそも神様にも人と同様に46本の染色体を
持っていらっしゃるかどうかも定かではありません。

更に踏み込んで言えば、少なくとも天照大神は女性の神様であったと
いうことで、いわば神の世界での伝統は女系だったとも言える訳ですが、
それを男系に改革したとしたらそれは天皇ということになります。
つまり、実は政治的理由で伝統を無視した元祖は天皇ではなかったのか。

という疑問を感じられて仕方がありません。

私はこの問題をそういう視点で見ていますので、
y染色体を持ち出すのは落語にしか聞こえないし、
三笠宮寛仁さまのご批判も奇妙なものに聞こえてしまうのです。
本来あるべき伝統に戻すなら女系にすべきじゃないか。
違います?^^;
スポンサーサイト
【2006/01/10 12:36】 社会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

公害あれこれ
昨今はアスベストの害が社会を騒がせています。
クボタのアスベスト労災が認定されたことでいきなり話題に
なってきた気がします。
相も変わらず日本政府の対応は守り一方の感がありますし、
本来なら国民の安全、健康のために政府がリーダーシップを取るくらいの
姿勢で臨んで頂きたいものですが、アスベストについても
非加熱血液製剤による薬害の時と同様、政府の頭の中では国民の安全よりも
企業論理、官僚論理の優先に見えます。

薬害では、ぜん息発作時の気管支拡張噴霧剤のベロテック エロゾルが
オンブズマンにより薬害が指摘され、NHKでもクローズアップ現代で
採り上げられ、販売中止が求められるという事件もありました。

かくいう私もぜん息で随分と死ぬ思いをしてきた経験があります。
息が重たくて呼吸が出来なくなった時、ベロテックは直ぐに呼吸を
楽にしてくれて、ぜん息には本当に重宝する薬です。

bra.jpg


ただ、心臓がバクバクするんですよ、確かに。
もの凄く心臓に負担を掛けるだろうなっていうのは私も実感として判ります。
心臓を患っている人には命に関わる副作用になりかねないと思います。

だけど、日本ではぜん息発作に対する緊急医療体制の整備が
もの凄く遅れているんですよね。
ぜん息発作時の窒息死から取りあえず身を守るにはベロテック、
というのは現実的な選択肢だとは思います。

諸外国でベロテックが販売中止になっているのは、
その薬害性だけで判断されているわけではなく、
ぜん息の緊急医療体制の基盤整備が背景にあるから可能なんだと思います。

参考記事
年間4000人、ぜんそく死減らせ! 発作直後の対応強化 厚労省方針

要するに、日本政府は余りにも情報を出さなさ過ぎなんですよ。
アスベストにしても、ベロテックにしても、
諸外国と違う対応をするなら、それなりに合理的な理由を国民に
示すべきなんです。
何故日本だけがアスベスト禁止が近年だったのか理由を明確にして下さい。

ぜん息も対処の緊急性は最初から判っているのに、
記事によると「国が本格的なぜんそく死対策に取り組むのは初めて。」
って何で今更なんでしょうね。


あと、ヤバイだろうなって個人的に思っているのがマーガリンです。
マーガリンに、植物性油脂を原料とした健康的なイメージを持っている人も
少なく無いと思うのですが、植物性油脂が固形化するはずがないんです。

じゃあどうやって液体状の植物油を固形化しているかというと、
水素を添加して油脂の分子を変性させて作っているんですよ。
つまり、マーガリンの成分は植物性油脂だけではなく、
植物性油脂を化学反応させてトランス脂肪酸という自然界には無い
化学物質を生成させてマーガリンになっているのです。
言わばマーガリンはプラスチックの一種なんですね。

参考サイト
プラスチック食品・・・マーガリン

私はマーガリンを控えることでぜん息が快方に向かいましたが、
それを知ってる国民が日本にはどれくらい居るんでしょうね。


政府には、少子化を社会問題にする前に、国民の健康と安全を何よりも
優先して欲しい訳です。
食品やメディケーションももちろんそうですし、
多くの母親の実感はまさにこの記事の通りだと思います。

子育て環境“最悪” 妊婦・母親の8割

育児環境の社会整備の遅れを隠蔽するために少子化の責任を女性だけに
押し付けてきた政治の結果が、今の少子化問題として表面化しているんじゃ
ないでしょうか。


ある議員が「公務員は不正をしない。」と国会で言い切っていましたが、
妄想を言っていても何の解決にもならないですよね。
現実はどうかというと、国家公務員にもなってこんなみっともない事件は
起こして欲しくないわけですね。

<国家公務員法違反>気象台係長、女子休憩室に侵入し辞職

政治は早急に国民の安全と健康を守って欲しいと思います。
【2005/08/02 16:52】 社会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

プライバシーマーク
最近はこのブログの更新も滞り勝ちです。(^^;

なんで滞り勝ちかって単に仕事が忙しいからなんですが、
この4月から個人情報保護法が施行されましたし、
企業もコンプライアンスに則って個人情報を保護する体制を取ることが
社会から要請されています。
#但し、個人情報保護の趣旨に照らし合わせるなら、
#実際の保護法は実にダメダメな内容ですね。
#特に国や地方の行政がこの保護法の規制対象外とされているのは、
#国民のプライバシーは公務員に対して守れないことに繋がる、
#緊急改善項目だと思います。

前振りが長くなりましたが、社会が要請する個人情報保護への
取り組みについて、私の勤める会社では、職業キャリアが
たくさんあるだけがとり得の私を会社の個人情報保護責任者に
任命するという超冒険的ハイリスクを背負うことになり、
私は会社の心意気に応えるために(ホントは自尊感情を高める
ために・笑)、超多忙になっている訳です。

個人情報保護のためには、
オフィス空間を要塞の様に守りやすくして入退出をきちんと
管理すること、個人情報の記載された紙やメディアやPCなども
所在を明らかにした上で保管も厳重に行うこと、
協力会社との契約においても従来の守秘義務条項だけでは
コンプライアンス上は不足なので、
取引先全てと新たな情報保護の契約が必要になったりもします。
その他情報の取扱いに対してはその運用に関する細則も
文書化して履行しなければならず、規則が守られているかは
定期的に社内で監査していくことになります。

そして、それらを履行しているだけでは営業的には満点とは言えず、
個人情報保護、またはもっと広い意味で情報の保護管理の公的な
基準を会社が満たしていることを認定されることが、
会社の経営、営業から求められています。

公的基準とは、例えばJISならQ15001なんてので個人情報保護
に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項が
決められていたりします。

また、(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)では、
個人情報を適切に取り扱っている組織を一定の基準で審査し、
基準を満たしていると認定されればプライバシーマークの使用を
許諾したりしています。
#この審査申請料金がバカみたく高い…。(^^;
#大規模事業者、中規模事業者、小規模事業者の区分基準が
#大規模事業者になりやすくなってないですか?

今はまだそれほど表面化していませんが、
プライバシーマーク使用許諾を取得していることは
協力会社を選択する上で大きな判断材料になるのは
必至になってくる様な気がしますし、
企業によっては情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の
認定も受けて下さい、とあからさまに要求してくるところも
あるんですよね。
もし認定を受けないでいれば取引が無くなるんでしょうね。

まぁプライバシーマークの許諾を取っている企業は
JIS Q15001に準拠した個人情報保護をしています、
という意味でしかないのは確かですし、
JIS Q15001に準拠することと個人情報を保護することが
必ずしもイコールになるとは限らない訳ですし、
プライバシーマークの存在が情報事故を起こさない保証に
なる訳でもありませんけれども、
これからは実際に社会ではプライバシーマークがあるか無いかだけが
ひとつのラベルとして一人歩きしていく流れに向かうのでしょうし、
JIPDECも自らのサイトで許諾企業を公開しているという事実もまた
プライバシーマークのレッテル化をJIPDEC自体が推進していると
読むこともできそうな気がします。

こうなると、企業においては、
個人情報を如何に保護するか、よりも、
プライバシーマーク使用許諾を取る、
というすり替えが行われるのが心配ではありますね。(^^;
【2005/07/07 17:32】 社会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

重い?軽い?丁度いい?
久しぶりの新規記事です。

なんだかなーという報道。

<わいせつ教職員>懲戒免職と諭旨免職、処分で「地域格差」


04年度にわいせつ行為で免職となった教職員は
全国で少なくとも101人だそうで、
たった一年間だけ、それも犯人が教職員限定での数字です。
“少なくとも”3~4日に一人は教職員がわいせつ行為をはたらいて
検挙されていることになります。
犯人が検挙されてない例や教職員じゃない犯人の例も含めれば、
数字はもの凄く大きな数になりそうです。

そして、全国のわいせつ教職員101人で89人は懲戒免職。
諭旨免職は12人だけ。
そのうち8人が東京都の教職員。

そりゃ東京都が言う様にケース毎に判断するのは必要だけど、
東京都のわいせつ教職員だけが全国に比べて軽いわいせつ行為
だったのかどうかは判らない訳です。

女性の部屋をのぞこうとして家宅侵入した東京都教職員にも
呆れ果てますが、これが諭旨免職ってやっぱり奇妙じゃありませんか?
百歩譲って教職員であることを考えないとしても、
それでもそれでも諭旨免職は軽すぎると思うけど。
【2005/06/21 18:03】 社会 | TRACKBACK(1) | COMMENT(2) |

いい人そう
こういう人も居るなら、世の中まだまだ捨てたものじゃないと思いました。

「いい人そう」 無職男、タクシー強盗やめる

ギャンブル癖から借金がかさみ、その支払いのために強盗を思い付いた。

この短絡的な発想は強盗犯罪に多く見られる誠に身勝手な発想です。
ここまで身勝手な発想ができる人だからこそ、ギャンブルで身を
持ち崩せるところまで借金を重ねていける、とも言えるかも知れません。

もちろん、強盗被害者からすればこんなに理不尽な話はないでしょう。
そして政治は犯罪加害者へは弁護士費用と衣食住を提供している一方で、
犯罪被害者への救済は微々たる予算しか組んでいないそうです。

「いい人そう」という感受性を鈍感にしないことは、
犯罪抑止には相当効果があると思います。
犯罪を未然に防げた結果だけみれば、未遂犯人も「いい人そう」です。
同じ世の中で一緒に頑張っている人を、
自分の身勝手や無責任の犠牲者にしてしまう罪悪に、
よくぞ事前に気付いてくれた、と思います。

未遂犯なので犯意を抱いて行動を起こした時点で犯罪ではありますが、
ギリギリのところであっても「いい人」という共感から
悲惨な事件が防止できたことこそ、私は人の気持ちを信じたい、
と思うんですよね。

この事件は珍しい奇妙な感じのする事件ではありますけれども、
これが奇妙とされない社会にしたいですね。
【2005/06/08 13:51】 社会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。