つい見逃してしまいそうな日々の生活の中の出来事から、何となく奇妙とか変とか思ったことを考え呟いています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

幼児虐待を防止せよ
またまた胸が押し潰されそうになる事件が起きたようです。

虐待?3歳児死亡、両親を傷害容疑逮捕…千葉・銚子市

たった三歳の子どもが連日の様に玄関の外に閉め出されて、
『ごめんね、ごめんね』と泣きながら謝っている姿が見られた、
というのですから、本当に胸が苦しくなります。

夫は「しつけとして殴った」と供述しているそうですが、
しつけが必要なのはお前だろ、と本当に心から思います。

真歩ちゃんにとって毎日がどんなものであったか…。
何で親から殺されなくちゃならなかったのか…。
真歩ちゃんは毎日玄関先で誰に何を謝っていたのでしょうか…。

銚子児童相談所には真歩ちゃんに関して昨年9月と今月の
二度に渡って通報があった様ですが、所長は「認識が甘かった」と
謝罪しているそうです。
所長は誰に何を謝っているのでしょうか。

警察がみているように日常的に虐待が行われていたのなら、
この二人の大人の形をした鬼は極刑に処すべきです。

それにしても本当に理不尽です。
何で誰も真歩ちゃんを救えなかったのでしょうか。
たった三歳の子どもなのに大人に殴られて、
きっと凄く痛かったよね。身体も心も…。

心より哀悼の意を表します。
スポンサーサイト
【2005/03/30 16:00】 社会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

ひまわり6号初画像
楽しみにしていた、MTSAT(ひまわり6号)の気象画像第一号が
公開されました。

ひまわり6号初画像を公開 夜間の霧も撮影可能

いつ機能不全に陥ってもおかしくないゴーズの画像に比べると
凄く鮮明な画像です。


インターネットでは全世界に点在するライブカメラが結ばれ、
今この瞬間のその場所の様子を眺めることができます。

世界の窓

ひまわり6号の画像は動画ではないとは言え、
ライブカメラには違いないし、デジタルカメラとしてみれば
1億3000万画素は素晴らしいパフォーマスには違いないでしょう。
#MTSATが国産ならもっと感動できたのに。(笑)

2005032501s.jpg


そのうち、『宇宙の窓』というサイトが運用に入る時代も
やってくるのかも知れませんね。
【2005/03/25 17:45】 宇宙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

何もしないことに対して
責任が発生すると思いますか?
それともしないと思いますか?

政治では、何もしなければ何の責任も発生しないとするのが
今までの現実だったと思います。

もちろん法によって『しなければならない』と定められたことを
しないのは違法行為ですからしなければなりません。

つまり、法は社会に存在する全てのケースを網羅して事細かに
具体的にすべきことやしてはいけないことを定めている訳では
ありませんから、個別の事例への法の適用というところでは
個別の判断が必ず必要になるし、この判断は基本的に管理職に
ある公務員が行っているというわけです。

つまり、この記事で言っている『何もしない』というのは、
法の適用上『何もしない』という判断が行政によって
下された場合のことを言っています。

この辺りは一般社会とはまた違う公務員だけでしか通じない常識と
いうのが確かにあると思うのですけれども、
一般常識としては、法に規定されていないことは禁止規定が
無い限りは必ずしもしてはいけないことではない訳ですが、
公務員の世界ではしなければならない以外のことは
『身勝手な判断はしてはいけない』の理由の元に
禁止されている訳でもないのにまるで禁止されているかの様に
対応されることが多かったのは事実だと思います。

この事件も『公務員の常識』的な判断のもとに発生した
事件なのかも知れません。

薬害エイズの元厚生省課長、2審も有罪判決

記事中、『「不作為の過失」を認定した。』とありますが、
まさにこれが上記で指摘した『何もしなかったことは過失である』
というところであり、公務員の常識、いわば、
『勝手な判断をすると責任を取らされるリスク』を抱え込みたく
なければ何もしなければよい、という公務員の常識を
覆す判断を司法がした、ということだろうと思います。

単純化すれば、この元課長がもし血友病患者だとしても
同じ判断をしたのか?ということかも知れません。

「安全性の高い加熱製剤の輸入が承認された以上、
医師らに非加熱製剤の使用を控えさせる措置を講じることが
可能だった」
かつ、
医師らに非加熱製剤の使用を控えさせる措置を講じることは
禁止されていた訳ではなかった。

のに何もしなかったのは自分が血友病患者じゃないからでしょ?
という指摘はあって当然だとは思います。

何度も言いますけれども、こうした公務員の立場中心の
民衆支配のバイアスが政治に潜在化していることは、
歴史が証明しています。
従って民主政治の確立を公務員の良識、モラルだけに依存するのは
大変に危険なことだし、実際に国民の政治不信はこうした
積み重ねから社会問題になってきていると思います。
いよいよ政治によるマスコミ支配の構図が見え隠れしてきた
昨今の状況には一方ならぬ危機感を覚えます。


もちろん民主を尊重し、民主を大切に考えて下さる公務員の方が
殆どであるとは思いますけれども、そうではない公務員の方も
いるわけですし、少なくとも、公務員が公務員の立場からしか物事を
判断しない行政は民主政治を根本的に否定する行政になることを
肝に命じて頂きたいですし、国民のチェックが仕組みとして
確立していない状況を踏まえるなら、公務員内部によって
非民主化に対しては自浄作用があることを心から願いたいです。
【2005/03/25 16:04】 政治 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

人権擁護法案(3)
この話題では既に三回目の記事になるこのエントリー。

生類憐れみの令や治安維持法とも並べられることの多いこの法案。
まぁ確かに問題の多い法ではあると思います。

以前から常々疑問に思っている日本政府のひとつの事実として、
国民の人権を担当する省庁が法務省だということがあります。

法務省が法務を担当する省庁であることはその名前の通りですが、
教科書にはあまり書いていない歴史的事実として、政治には国民を
支配しようとするバイアスが潜在的に在る訳で、かつ、
政治には、法律を作る権力、その法律に国民を従わせるための権力、
従わない国民を罰する権力などがあるわけです。

そして、民主を実現するための法的な根拠のひとつとして、
国民が定めた憲法を政治に守らせる、という建前があります。
政治家といえども政治家だけで憲法を改訂することは
法的にはできなくなっているわけですね。

言ってみれば、法務省は法という権力のひとつの大きな武器を
管理する省庁なのですから、そんな省庁が、言ってみれば副業で
国民の人権に責任を負っているというこの状況は
如何なものか、という疑問があるんですね。

今回の人権擁護法案でも、差別を判断する人権委員会が
法務省の管轄になると定めているのですし、
こうした構成にしてしまうと、力関係としては、
人権を守る=取り締まり強化
となりそうな懸念は私も恐ろしいほど感じます。

もし人権を守るというなら、例えば、向井亜紀さんの
お子さんの人権を守るためには向井亜紀さんが法的にも
お子さんの母親になれる方法を検討しなければならないはずですが、
法務省は『産んでいない』という理由だけでバッサリと切り捨てて
しまいましたよね。
向井さんが法的な母になると一体誰が迷惑するんでしょうか?
少子化が大きな社会問題になっているこの社会で、
医学の進歩から安全に代理出産ができる様になってきていることも
現実としてあるのだし、それを政治が差別したままに認めることに
努力しない法務省が本当に人権なんて責任をもって守ることが
できるのかな?
代理出産だと子どもが可哀想だと無責任な第三者が
偏見で断定する前に、もし本当に可哀想だと思うなら、
政治としては可哀想にならない社会創りを目指すべきではないの?
婚外子差別、家父長制度、そうした人を縛る法を何十年も
放置してきた政治の責任こそ重いのではないでしょうか。

本来は単純なことで、政治の幸せの為に国民が在るわけではなく、
国民の幸せに為に政治が在るはずなんですけどね。

前向きに考えるとして、もしどうしてもやるのであれば…、
人権委員会は法務省の外局として設置するのでは
国民を支配する権力として政治に悪用されるリスクが大きいのでダメ。
議員や公務員は人権委員になっては当然ダメだし、
政治的圧力から完全に守られた環境の中で、完全オープンで
開かれた民主的な運営をしていく必要が人権委員会には
あるでしょうね。

もし実際に人権委員会がそうした環境で運営されることが
できないなら、悪法は作るべきではないでしょう。

もう一つ奇妙なこと。

多くのブログが指摘する、人権擁護法案に関するマスコミの報道が
極端に少ないという指摘に関しては私も奇妙だと思います。
中央紙では大きく報じないし、
地方紙でもほんの数紙がちょっと報じているだけ。

#例えば、こことか。

何で?
【2005/03/24 19:39】 政治 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

竹島問題
あのヨン様が自身のHPで、

「(日韓の)国民が感情的な対立によって傷つき、
関係悪化に発展しないことを願う」

とのお言葉を述べられていらっしゃるんだそうです。

竹島問題「もっと理性的対処を」

おお、これはヨン様にご心配をお掛けしないためにも、
日韓は仲良くしなければなりませんね。

と思い最初からよく読みなおしてみると、

「独島は大韓民国の領土で、
だからこそもっと理性的に対処しなければならないと思う」

と仰っているではありませんか。

記事の最後では、

「私に与えられた役割があるとするならば、
国家領土の線を引く言葉一つより、
アジア家族たちの心と心の線をつなげていくことではないか」
と結んでいるとのことです。

ヨン様、たった6行前に「独島は大韓民国の領土」と自ら語って
いるのは国境に線を引くお言葉ではないのですか?
自分で火を放っておきながら、火を消してやる、と仰るのですか。(笑)

やっぱりヨン様が政治に対してコメントするのは
全然似合わないので、これからは止めた方がよいと思いました。(笑)

竹島に関して言及した、韓国政府の公表する日本語サイト
発見したので読んでみました。

特に気になったのは、

| これのためにわが政府は、我々が実効的に支配している独島が
| 対外的に紛争地域として認められないように管理していくこと
| に力点を置いています。明らかにわが領土である独島に対して
| 日本と公然たる摩擦を惹起することは国際社会に独島が紛争地
| 域だという認識を与えることになって、結果的に我々の独島領
| 有権を強固化するのに望ましくないからです。

のところで、要するに実効支配を積み重ねることで
韓国の国土として既成事実化するのだ、という方針らしいです。

同じページで、
『国際法上の領土主権確立の核心要件である
「実効的支配」によって確固不動です。』
『独島はわが国が実効的に占有している我々の領土』
『独島の領有権を強固化するもっともよい方法は
独島に対した平穏で実効的な支配を続くことであり』
『実効的支配」であるかどうかが領土主権の核心要件です。』
などと、実効的に支配しているという文言にやたらに力点が
置かれています。

支配した実績さえ作ってしまえば韓国の領土になりますよ、
と読めてしまうのは私だけなのかな?

例えば、クルマの車検証には使用者欄と所有者欄があり、
使用者はそのクルマを管理して使用している人、
所有者はそのクルマの持ち主ですよね。

つまり、実効支配している人は車検証で言えば使用者で、
領有している人は車検証で言えば所有者じゃないんですか?

だとすれば、所有権の移転が行われていないものは、
いくら使用実績を積んでも使用者は所有者になれないんじゃないの?
もし所有者不詳ということなら、
互いによく話し合う必要があるんじゃありませんか?

そこで韓国の主張には疑問に感じる点があるのですが、
もし実効支配を領有の正当化の理由に認めるのであれば、
韓国が最も嫌ってきたはずの軍事力(竹島には韓国政府の
武装化集団が常駐しています)を背景にした占領は
正しいと肯定してしまうことにはどうしてならないの?

奇妙です…。
【2005/03/22 18:38】 政治 | TRACKBACK(2) | COMMENT(0) |

国民のプライバシー
業務外閲覧1500人、社保庁が事情聴取し処分へ

これってなんというか、仕事とはなんの関係もないのに
興味本位だけで本人に無断で個人情報を閲覧したわけでしょ?
それも、国民にはやたらに規則だの倫理だの融通の
利かないことばかり言ってる印象の強い公務員なのに。

処分は当然ですが、そもそも社保庁の全職員が
個人情報を閲覧できる必要があるわけ?
職員なら誰でも閲覧できる様にしておいて
業務外閲覧者だけを処分するって、
組織として情報管理に無責任じゃないかなって思うんですけど
どうですか?

そして、この記事の最後には呆れてしまったのですが、

>処分の基となった調査の対象が小泉首相、福田前官房長官、
>女優の江角マキコさんら5人の閲覧に限られていたことから、
>社保庁は2月の党の会合で、対象者を国会議員全体などに
>拡大するよう求められていた。

っていうか、業務外の不正アクセスをどう排除していくのかが
問題の本質なのですから、対象者は全国民でしょ。(笑)
#どうせ自己申告なんだし。
つまり業務外の個人情報閲覧は全て処分しろ、
と強く言いたいわけです。

ですから、ログの絞り込みだけの問題にしてる時点でアウト。
全アクセスをもっときちんと管理して欲しいです。
一旦漏れたら取り返しのつかないのが個人情報なんですから、
公務員だけは個人情報アクセスをやりたい放題というのでは
国民が困ります。
【2005/03/17 19:10】 政治 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

人権擁護法案(2)
この法案に関するブログをあちこち見て回りましたが、
論調の多くは『不当な差別』が拡大解釈され、政治が言論を
統制する圧力が強まる事を懸念しているのかな、と思いました。
もちろん、そうした懸念はあって当然の法ではあると思います。

でも、別の懸念も私は持っています。
つまり、『不当な差別』が縮小解釈され、政治によって守られるべき
人権が守られなくなることです。
自己責任論による政治の無責任が拡大する傾向が衰退したとは
決して言えない状況、
国会の憲法調査会では、ある自民党議員は『憲法は権利ばかり
書いてあって義務が殆ど書かれていない。』と指摘した事実。

これについては若干補足しますが、数ある法の中で憲法だけは、
法であって法でないと言われています。
本来憲法の存在意義は、政治から国民が支配されることを防止し、
政治による人権の抑圧をさせない様に、国民が作った憲法を
政治に突きつけ、政治に憲法を守らせるといった性質のものです。
法は国会だけで可決すれば政治が国民に守らせることが出来ますが、
憲法だけは唯一その改正に国民投票を要する法となっています。
このことが民主主義であることのひとつの根拠となります。

従って、憲法に権利ばかり書いてあるのは当たり前。
そもそも建前では、政治は国民の自由と権利を外圧から守り、
全ての国民の幸せを達成するため、社会の運営管理を国民から
委託されているに過ぎません。
その委託を前提として、
1.政治を判断できるだけの教育
2.政治を行うためのお金
3.政治や社会を活性化するための勤労
の義務を国民は負っているのです。
#憲法に記された国民の三大義務は、教育、納税、勤労の3つで
#あることはあまりにも有名ですよね。

それに対して、今の自民党主導による憲法調査会の議論を
眺めていると、国民契約説に立つ発言が凄く目立ちます。
自民党は、改憲で民主主義の看板まで下ろしてしまう
つもりでしょうか…。

財政破綻や年金破綻、長引く不況を未だに克服できない、
外国による領海侵犯や日本人拉致に生ぬるい対応しか出来ないなど、
そうした悪政のツケを国民に押し付けるには、自己責任論の名のもとに
政治が人権に無責任になって人々の自由と権利を政治が軽視する
風潮を作るとすれば、喜ぶ政治家が多そうだなーとも思うんですよね。

いずれにしても、政治によって恣意的な運用もできてしまう、
という点では人権擁護法は政治の民衆支配の正当化に対する
強力な根拠を与えてしまうこともできる法である、
という点は間違いないと思います。
【2005/03/16 13:07】 政治 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

渡辺氏「堀江社長は大間違い」
というニュースが報道されました。

ここ

こうした歯切れのよい主張は実は結構好きだったりするのですが、
やっぱりしっかりと自分の立場を隠してものを言っているなぁ。(笑)
言いたい放題している様でいて、恐らくは詭弁も含むことは
知ってて言っているのでしょうね。

ということを感じた記事中の点は、

> テレビ、ラジオといった社会の恒久なメディア媒体を
> マネーゲームで排除される、支配されることはあって
> はならない

のところ。

公共性を支配の正当化の理由にするなら、
公共という言葉に隠されている何か、
という点でNHKにも共通する問題を隠して言っているわけですね。
ホリえもんが支配するのはいかんという意見自体はありなのかも
知れないけど、じゃあ誰が支配するならいいのか?というところに
議論が必要になるはずです。
要するに、マスコミの公共性に関する議論を抜きにして、
ホリえもんはいかん、私が支配するのは正しい、とは言えない
ということですね。

それよりも…、
民放なんだから公共性なんか関係無い。
金儲けでやっているんだし、それまでの利益の流れ、
業界のフレームワークを無視して強引に割り込んでくる
ホリえもんは業界秩序の破壊者だから仲間に入れてあげない。

と言った方がはるかにナベツネさんらしいし、
彼なりに筋は通ると思うのだけど…。

ナベツネさん、そこんとこよろしく。(笑)
【2005/03/15 13:10】 社会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

食器洗い乾燥機
がやっと我が家にやってきました。

5s.jpg


こうして写真にするとなにやら不気味な感じもして
怖い気もしますが(笑)、心強い我が家の味方です♪

家事に愛情を重ねる人もこの世には居ますけれども、
我が家の場合は愛情は愛情だし家事は家事です。
つまり、我が家にとっては家事は単なる労働でしかありません。

昔から台所用洗剤にも過敏で手荒れが酷く、
ゴム手袋をしても今度はそのゴムに皮膚が反応して荒れてしまう始末。
だから木綿の手袋をした上でゴム手袋着用。
我ながら情けなくなります。

昔から食器洗い乾燥機には目をつけていたのですが、
ここ数年で節水能力も大幅に向上し、我が家で買った機種の
売りとしては、電気消費が増えても水道消費が圧倒的に減り、
年間5~8万円の節約になるというもの。

だったら家計的には導入イニシャルコストも一年でペイできるじゃん。
二年目からは更に家計に優しくなるじゃん。
環境的には節水でエコになるじゃん。
労働的にも楽チン(=労働効率性の向上)になるじゃん。
健康的にも手荒れが改善されるじゃん。
うみゅ、いいことだらけだ~♪

悪い点は、
洗い終わるまでやたらに時間が掛かる。(1時間以上)
効率的な運用を考えるなら一回分の洗い物が溜まるまで洗えない。
つけ置きは必須。
#でも、フライパンなどの油汚れは手洗いよりもよく落ちる位。
#感動した!(笑)
台所が少し狭くなった。(そりゃそうだ・笑)

で、バカみたいに食器洗い機が洗う様子を感激しながら1時間以上も
眺めていました。
一生懸命洗ってすすいで乾燥している様子が甲斐甲斐しくて、
とってもラブリーです♪
機械の容姿はゴツイのですけど、やってることは可愛い奥さんに
重なりますよ。(笑)
こうなると、家事に愛情を重ねるのも許す。
私も少し旦那の気持ちになった気がした。
#旦那にはいつも感謝しています♪

どうせなら、家事全部をやってくれるロボットがあるといいなー。
いやいや究極は、仕事をやって稼いできてくれるロボットがいい。
お金をしっかり稼いできてくれるなら1千万円でも買います。
それを100体も買って働かせれば…。(むふふ・笑)
【2005/03/14 12:56】 雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

かん口令
細田官房長官がかん口令を敷いたそうです。

発言を外部に漏らすな 細田長官が閣僚にかん口令

つまり、個人よりも組織ということでしょうか。

かれこれ10年くらいも前になるのかな。
実質的な審議がクローズな場所で行われる政治に対する批判が
社会を賑わしたことがあった記憶があります。
確か、料亭政治とか割烹政治とか何とか言っていた気がします。

その後、政治は国民にどんどん閉鎖的になっているんですね。
やっぱり不気味で怖いです。
...READ MORE
【2005/03/11 16:17】 政治 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

人権擁護法案
に対する自民党法務部会の審議が紛糾しているそうです。

人権法案、了承得られず 自民部会で異論が続出

なお、人権擁護法の条文(案)はこちらです。

報道記事からすれば、多分立場の数だけ見解が割れるだろうな、
とは思いました。
人権を守る、という基本概念、そうした建前には政治の本音が
どうあろうとそれに対して異論を唱えるのはなかなか勇気が要るとは
思いたいです。
ですから、人権保護への法的な取り組みは基本法レベルの
大きな網の掛け方から入った方がすんなりと通る気もします。
まずは外堀を埋めると。(笑)

条文(案)を読み込んで考察するのはなかなか時間が
掛かりそうですが、ざっと見た限り、第三条第二項の1は
私的にはかなり目立ちました。

| 第三条 何人も、他人に対し、次に掲げる行為その他の
|     人権侵害をしてはならない。
| 2  何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
|   一  人種等の共通の属性を有する不特定多数の
|     者に対して当該属性を理由として前項第一
|     号に規定する不当な差別的取扱いをするこ
|     とを助長し、又は誘発する目的で、当該不
|     特定多数の者が当該属性を有することを容
|     易に識別することを可能とする情報を文書
|     の頒布、掲示その他これらに類する方法で
|     公然と摘示する行為

ここで言う『人種等の』の意味としては条文第二条第五項に
以下のように示されています。

| 第二条 この法律において「人権侵害」とは、不当な差別、
|     虐待その他の人権を侵害する行為をいう。
| 5  この法律において「人種等」とは、人種、民族、
|    信条、性別、社会的身分、門地、障害、疾病又は
|    性的指向をいう。

更には、差別の法的な意味は定義されていませんが、
辞書による定義はこちら

この条文をその文言通りに履行したら、
戸籍や住民票が不当な差別の温床になっていると指摘されている
現実を重視するとしたら、戸籍や住民票は本人以外には
発行できなくなりますね。
#まぁ本人の知らないところで不特定多数の住民票を第三者が
#無断で閲覧できることが合法だということ自体が
#再考されるべきなんでしょうけど…。(笑)
#個人情報保護法がザルだと思う所以です。

通常は人の感情は目に見えないし、客観的に感情を証明することは
不可能ですから、法的に問題にする差別の定義としては、

ある区別による判定によって待遇に差があること

なんて感じになるような気がします。
そして条文では「不当な差別」を禁じています。
つまり、差別全体を禁じているわけではない点は大きなポイント。

運転免許を取得するには原則として実地試験(自動車学校を
卒業した場合は通常は実施試験は免除)と学科試験に
合格しなければなりませんし、運転免許を取得していない人の
運転は厳しく罰せられています。
これも差別には違いありません。入学試験も差別です。
ただ、その差別を設けた目的は、社会に危害を及ぼす恐れのある
危険なドライバーやライダーを交通社会から排除するという点など、
理由に対して合理的かつ社会的な合意があるために、
差別ではあっても『不当な差別』ではない、ということになるのです。

しかし、世間的には合理的とされている差別までをも差別とは
言ってない現実もあるのですから、条文でしつこいくらいに
「不当な差別」と書くのは何なんでしょ?
とは思います。(笑)

最初から差別の法的な定義を条文で明確にすればいいだけなのに、
なんか裏の意図でもあるのかな、と思ってしまうのでした。

ともあれ、総論賛成各論反対は政治の得意技のひとつです。
潜在的に政治には民衆を支配しようとするバイアスが存在する、
という多くの歴史が証明した視点が無いと、国民の政治チェックも
理想論に行きやすく、報道管理によって簡単に騙されてしまうという
歴史がたくさんあることを忘れてはならないでしょう。

小泉さんはシーザーなのでしょうか。
それとも、ブルータスなのでしょうか。
私の目から見ると、限りなくブルータスに見えるのだけど…。
【2005/03/10 16:48】 政治 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |

受信料不払い罰則化
を検討課題とすることを、参院予算委員会で麻生総務相が
明らかにしたそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050309-00000180-kyodo-pol

自称公共放送の時代も終焉を告げるのでしょうか。
政治もマスコミもどんどん国民管理の強化、
それと多様性の否定を推進する中で、君が代日の丸に拘りつづけた稀に
見る放送局との印象もありましたし、本来の意味で言うところの
日本の国は私は嫌いではありません。
しかし、政治と言うのは相対的だというのが本当によく判ります。

昔、今の石原都知事が国会議員をやってらした頃、
この人もNHK受信料不払いに対する罰則規定を
放送法に盛り込む案を提示していましたが、
結局は実現できなかったという過去があります。

自己責任論の名のもとに国民の人権に対して政治は
無責任になっていく方向にありますし、
NHKを政府が救済すれば、今まででさえ誰のための公共かという
そもそもの存在意義の問題があることが指摘されていたのに、
このままますます国営放送の色が濃くなることが心配ですね。
麻生さんも、公共でやっていけるかどうかに対しては
はっきりと疑義を述べていますし。

そういえば、都知事は電車内での携帯使用、お化粧、飲食などを
考える委員会を設置するということを言っていた様な。

マナーやモラルはもちろん必要だと思います。
でも、そういうことまでも法で規制するのは
社会の形骸化を招くんじゃないのかな?
形骸化してくれば、没個性、多様性の否定、個人の人格軽視に
繋がってくるんです。
政治が国民を規格品にしたがるのは歴史が証明しているけど、
皆は規格品になりたいの?

多分、本質的なところでは、例えば電車でお化粧したら誰がにとって
どんな加害になるのか?といった点なのかなとは思います。

私が小さい頃は山手線でもお母さんが赤ちゃんに授乳している光景は
当たり前だったんですよね。
それをエロいとか思う奴の方が変な奴だった。
そういう意味では今は昔の基準で見るなら
変な奴だらけってことにならないかい?

どうせなら、古きこうした文化も今の視点でのみ捉え、
電車内で直接胸から母乳を授乳することを禁ず。
というのも委員会で検討して欲しいな。(笑)

とにかく、NHKの国営放送寄りにシフトしていく流れも、
政治のフジテレビへの異様なまでの肩入れにしても
個人情報保護法にしても、最近の政治権力と国民支配の拡大は
恐ろしいと思うんですよね。
自衛隊が政府を守るために国民に銃を向ける日が
いつか来るかも知れない。そういう日がこないことを祈ります。
【2005/03/09 19:01】 政治 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |

H2A7号機(2)
H2Aが大気圏を上昇しているシーンを捉えた、
私としてはある種の感動を覚える写真を匿名掲示板で
見つけたのですけど、著作者不詳のため正当な権利者に対して
掲載許諾を申し込めません。

でも、なかなか感動的に思ったのと、不特定多数の人々が
閲覧できる掲示板に対して匿名で公開されたということでも
ありますし、そうして公開されたということでは、
少なくとも多くの人に見られると言う点では著作権者の趣旨に
反するとも思えません。
また、画像には個人を特定可能な個人情報の類は
一切含まれているわけでもありません。
ですので、ここに思い切ってアップしてしまいます。

アクセスの超少ないこのサイトに正当な権利者がお越しになることは
確率的には限りなくゼロに近いとは思いますが、
もしこの画像の正当な権利を持つ方がいらした場合は
申し訳ありませんがコメントなどを付けてお知らせ頂ければ
幸いで御座います。


285s.jpg


多分、旅客機の窓から撮影されたものでしょうか。
発射シーンはテレビでも見慣れていますけど、
こうしたシーンの方がぐんぐん上昇するH2Aの様子が
よく判りませんか?


286s.jpg


こちらは街中からの撮影でしょうね。
地球の自転を利用した方がロケットの燃料は少なくて済むのですから、
日本ならなるべく赤道に近い南から打ち上げた方がよいはずです。
そういう意味では、国土では沖ノ鳥島に作るのが一番?
石原都知事も沖ノ鳥島に都の建築物を建てると言っていましたし、
どうせならJAXAロケットシステムと連携して、
『沖ノ鳥島宇宙センター』
なんて創設してはどうですか?(笑)
そうすれば東京からでもこの写真の様なシーンが
見れるかも知れませんし、東京都の新たな観光スポットの誕生ですよ。

もちろん自然破壊はNGですので、自然への影響をきちんと
管理するためにも施設は必要最低限にして、
名誉挽回のためにもここはコクド(の子会社のプリンス)に、
『沖ノ鳥島プリンスホテル』なんて作ってもらえるといいかも。(笑)
【2005/03/08 19:13】 宇宙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

幼児虐待
またまた心が痛い事件が報道されています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050308-00000401-yom-soci

子どもが犠牲になるこうした事件は本当に多くなったと思いますが、
遠因のひとつとしては、慢性的な不景気により生活が困窮する人々が
増えたから、とも思います。
バブル経済の頃にもこうした事件は無かったとは言えませんけれども、
バブル崩壊後は自殺者、犯罪件数、共に増加の一途を辿っています。
リストラ、倒産、正社員がどんどん居なくなり、安月給でありながら、
いつでもクビを切れるという不安定な立場の人々は生活に追われ
続けています。
疲れ果てた人々の心の容量はどんどん小さくなってしまうと
思いませんか。

そして、立場の弱い人から犠牲者になってしまうのは世の常。
確かに加害者が悪いのは言うまでもありませんが、
社会としても再発防止を推進しなければなりません。
加害者の自己責任論だけで終わらせてしまうのは、
社会が無責任であることの正当化の口実になる効果しかないと
思います。

少子化が社会問題になって久しい気もします。
自民党は少子化の悪役を女性に求め、少子化のツケを女性だけに
押し付けようとしている様にも見えていたのですが、
実際に自民党が女性の自立が少子化の原因であるとの仮説を立てて、
実態調査を行政にやらせましたが、調査結果は女性の自立が
少子化の原因ではないことが明らかになっただけでした。
むしろ、自立した女性が少ないほど少子化の傾向にありました。

むしろ、問題は行政などの政府にあるという見方もあることを
指摘したいと思います。

例えば、国家公務員である程度以上の裁量を持つ
公務員の男女比を表す一例として、
『国家公務員指定職及び行政職(一)2等級又は9級以上の女性(PDF)』
という資料が政府により公表されています。

資料中の平成14年度の『計』の数字だけ引用すれば、

総数:9,867 女性:130(1.3%) 男性:9,737(98.7%)

ということで、国の行政をある程度の裁量を持って判断しているのは
男性ばかり、という現実があるのですね。
男性ばかりで男女平等を考えていて本当に男女平等が実現できるの?

と私は素朴に疑問に思うのでした。
#ここまで片寄った管理職男女比はもはや民間企業では
#珍しいのではないでしょうか。
#日本の政治はまだまだ男性が支配している、と言っても過言では
#ないと思います。


PS)

今日の報道によると、昨日の記事で話題にしたMTSATの
愛称が「ひまわり6号」とされたとのことです。
【2005/03/08 12:43】 社会 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |

H2A7号機
の打ち上げが成功したそうですね。

2005/02/26の18:25(JST)に点火され、
静止複合機能衛星であるMTSATを静止トランスファー軌道に
投入することに成功したそうです。

H2A-7の打ち上げやMTSAT説明のムービーはこちら


MTSATの機能は、大きくは次期ひまわりとも言える気象観測機能と、
航空機や船舶に対する情報通信機能を搭載しているそうです。

今までの「ひまわり」はとっくのとうに寿命を迎え、
自らの観測カメラでは撮影画像の欠落が著しく、
米国で運用されていた設計寿命を終えた気象観測衛星を
わざわざ太平洋上空まで移動させて画像を撮影させ、
撮影した画像は一旦米国で受信し、その画像データを日本に
送ってもらい、今度は日本でひまわりで取り扱える画像データの
フォーマットに変換した上で、画像配信機能は生きていた
ひまわりに日本からアップロードするという、とんでもなく手間が
掛かるコストの高い運用をしていたそうです。

月や太陽の重力の影響で静止軌道からずれてくる軌道を修正するための
アポジモーターの燃料も既に底をつき、あとは軌道はずれる一方だった
そうでもありますし、MTSATの投入は本当にぎりぎりのタイミングです。

2003年12月にH2A-6のSRB分離失敗から一年以上もの期間、
打ち上げ実績を作れず、打ち上げ再開はいきなり聴牌っぱってる
静止気象衛星の打ち上げ。
米国のお下がりの気象衛星と機能不全になったひまわりによる
運用もいつできなくなっても不思議ではない状況です。

それに、衛星打ち上げの保険はかなり高額だそうですが、
MTSATの打ち上げは予算も限られ、
保険には加入していなかったそうです。
万一の場合、結果を出せなかった税金消費に対する
責任問題も当然出てきたと思います。

保険にしても税金にしても、それらに対応するためには
要するに信頼性の向上がキーワードな訳ですね。
失敗しないと判っていれば、保険に入る必要はありませんし、
衛星の投入運用なども効率的な計画を考え実現できます。

多分、今回の打ち上げに失敗したら、日本の宇宙開発は瀕死の重傷を
負ったであろう事はほぼ確実だったものと思います。

宇宙開発は既に基礎的な研究段階を逸しており、信頼性や
コスト競争の時代に入ったと言われて久しいと思いますが、
ロケット技術の確立はその他多方面でも日本の国力を
世界に実証する効果があります。

更なるコストダウンと信頼性の向上にこれからも挑戦していかなくては
ならないことは、今後も変わらないでしょうね。

率直なところでは、MTSATが撮影した気象画像を
早く見てみたいです♪
【2005/03/07 15:14】 宇宙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

個人情報保護
に関する法律、正確には、

『個人情報の保護に関する法律(平成十五年法律第五十七号)』
ということになるらしいのですが、
条文を読むだけでも奇妙なことだらけですね。

会社の個人情報保護の保証に向けたコンプライアンスプログラムを
策定するために管理部門の人と打合せをしたのですが、
勉強すればするだけ、「何で?」と思えるものがたくさん出てきて、
互いに目を見合わせてしまいました。

まず素朴に?と思ったのが条文第二条第3項


=============================
3 この法律において「個人情報取扱事業者」とは、
個人情報データベース等を事業の用に供している者をいう。
ただし、次に掲げる者を除く。
 一 国の機関
 二 地方公共団体
 三 独立行政法人等(独立行政法人等の保有する個人情報の
保護に関する法律(平成十五年法律第五十九号)第二条
第一項に規定する独立行政法人等をいう。以下同じ。)
 四 地方独立行政法人(地方独立行政法人法(平成十五年法律
第百十八号)第二条第一に規定する地方独立行政法人を
いう。以下同じ。)
五 その取り扱う個人情報の量及び利用方法からみて個人の
権利利益を害するおそれが少ないものとして政令で定める者
=============================


要するに国(というか政府)などのお役所関連はそもそも
「個人情報取扱事業者」ではなく、この法による拘束から
除外されています。
公務員には守秘義務が課されているのは知っていますが、
国(しつこいですが国ではなく政府)などのお役所関連の
全てを除外しなければならない適切な理由が思い当たりません。
国(というか政府)などのお役所関連は国民の個人情報全てを
無条件に共有してしまえるという理解でよいのかな?
適用除外はあくまでも例外であるべきだと思いませんか?

第四条では国(というか政府)の責務が定義されていますが、


=============================
第四条 国は、この法律の趣旨にのっとり、個人情報の適正な
取扱いを確保するために必要な施策を総合的に策定し、
及びこれを実施する責務を有する。
=============================

を遂行する上でこの法律の適用除外とする必然性が判りません。
自分達は責務(とそれを執行するための権力)を持ちながら、
自分達はこの法に縛られない、っておかしくないですか?
何で国(というか、何度も恐縮ですが政府)などのお役所関連だけは
特別扱いなんでしょう?

私は(本来の意味で)日本の国は好きです。(笑)

つまり、この法による『国』という言い方が
そもそもおかしいですよね。
ここで『国』といってるのは『日本政府』のことでしょ?
国=政府じゃないのに、まるで今の政府が国そのものであるかの様に
言ってるのはお役人の作為的なものですよね、きっと。

例えば、中国の潜水艦が日本の国の領海に侵入してきた時、
この政府は見守って潜水艦が出て行くのを穏便にさよならと
しましたよね。
国の主権が侵されているのに政府は国を守らなかった。
中国は知らんと言ったのだから、領海を侵犯された時点で
とっ捕まえればよかったのです。
#そもそも中国が自国の原子力潜水艦の所在を知らないはずがない。
#と思いませんか?

ですから、日本の国と日本の政府は全く別のものですね。
政府の言うところの『国』とはお役人の自称でしかありません。
とどのつまり、政府は国民から『国』の社会システムの維持向上を
委託されているに過ぎませんし、最終的な目的は国民の幸せに
あるはずですね。

話がとんでしまいました。(汗)
個人情報保護に話に戻りましょう。

第十六条も凄まじい内容だと思いました。

=============================
第十六条 個人情報取扱事業者は、あらかじめ本人の同意を
得ないで、前条の規定により特定された利用目的の
達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱っては
ならない。
2 個人情報取扱事業者は、合併その他の事由により他の個人情報
取扱事業者から事業を承継することに伴って個人情報を取得した
場合は、あらかじめ本人の同意を得ないで、承継前における
当該個人情報の利用目的の達成に必要な範囲を超えて、
当該個人情報を取り扱ってはならない。
3 前二項の規定は、次に掲げる場合については、適用しない。
 一 法令に基づく場合
 二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で
あって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
 三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために
特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが
困難であるとき。
 四 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が
法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要が
ある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の
遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
=============================


ポイントは、第3項の四なんですが、国(というか政府)などの
お役所関連だけは事務上の支障さえあれば本人の了解無しに
勝手に個人情報を入手してよいわけ?


この法律、個人情報保護を擬装して、政府関連のお役人なら
例外なくその全ての機関が国民全部の個人情報を管理することを
合法化した法律、という見方が確かに出来そうな感じですね。


=============================
第二十三条 個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、
あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを
第三者に提供してはならない。
 一 法令に基づく場合
 二 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で
あって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
 三 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために
特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが
困難であるとき。
 四 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が
法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要が
ある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の
遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
=============================


ここまで政府のプライバシー介入を許してしまってホントにいいの?
役所に対しては日本の国民のプライバシーなどなくなって
しまいそうじゃないですか。
この政府がこの国に相応しい政治をしているのかどうか、
よく見極める必要がありそうですよね。
【2005/03/03 14:19】 政治 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0) |

この週末
は久しぶりに家族と一泊旅行でした。
要介護の母には申し訳なかったけど、
母も行っておいでと気持ちよく送り出してくれました。
ホント、一泊旅行は久しぶりだもんね。
感謝♪

我が家のワンちゃんも要介護状態のお年寄りで、
腎臓や肝臓や匂い袋など内臓系に障害があるので、
よい機会だから病院送りにしました。(笑)
入院して徹底的に治して貰ってね。
#健康保険が使えないので経済的には痛いけど、
#やっぱり元気な方がいいもんね♪

行き先は箱根です。
東京方面からクルマだと、箱根入りは普通は小田原からなんですけど、
気になってた御殿場のアウトレットでファッションチェック。
着いたときは生憎の冷たい雨。

SH530066s.jpg


それにやっぱりブランドものは安いといっても高いですね。
#庶民には。(^^;

そんな中、娘の服や私も何点か掘り出し物をゲットしました。
このブランドで払った金額はユニクロ並み。
これで片道の高速代は確実に浮いたと思います。
#って結局お金を支払ってる訳で浮いてなんていない?(笑)

アウトレットチェックをしているうちにいつの間にか雨が雪に変わり、
気がつくとこんな感じ。(爆)

SH530067s.jpg


やば、これから箱根にクルマで登らなくちゃならんぞ。
ということで慌てて御殿場から箱根に向かう道で気がつくと
目の前に怪しいクルマが…。

SH530068s.jpg


どこが怪しいかって?
うんと、どう見てもボンゴなステップワゴン。(笑)

いやいや、雪道は大変だったっす。
我がクルマはどう見てもステップワゴンなステップワゴンで、
それも4WDで4輪スタットレス。
能力的には雪道など全然大変じゃない。
大変だったのは、夏タイヤでチェーンも用意しないで上がってきて
ギブアップしたクルマの乗り捨てで重態、いや渋滞。
正確には重態の渋滞。(笑)
全然動かないんですよ。
そりゃ、狭い道なのに観光バスやらダンプも通るのに、
乗り捨てられた乗用車が20台以上も並んでる雪道なら
動かない訳です。

結局、御殿場から宿までの20Km強の移動で5時間かかった。(死)

夏タイヤであがってくんなよ、迷惑だからさ。
チェーン位無いなら買えっての。(マジ)
イライラして反対車線を上がっていったパジェロ君。
気持ちは判るけどヤバいんじゃない?
と思ったらやっぱり向こうでクラクション。それもダンプ。(爆)
パジェロ君はずっとバックで下ってきて、
ダンプはガンガン煽ってる。
パジェロ君、どこまで行くんですか~?て感じ。
逝ってよし。(笑)

それでも御殿場を早めに出たのがよかったか、
どうにか宿の夕食にはありつけたっす♪
イタリアンのコースなんですよ。
本当は凄く美味しいんですよ。
でも、身体がクタクタ。食欲が無い。
夏タイヤ君や反対車線君はこの不幸な私に責任とってよ?(笑)

翌朝、宿から芦ノ湖に出発。

天気は晴れ渡り、絶景だったです♪

SH530070s.jpg


左端に写ってる船は外輪船ね。
え?私がカメラマンだとアングルが悪い?
放っといて頂戴ね。
景色がいいのが判ればいーんだよ、文句ある?(笑)

ということで外輪船に乗船。
早速外輪船の外輪船たる所以の外輪をパチリ。

SH530074s.jpg


船尾の赤いのが外輪ね。
写真だから止まって見えるけどホントは回ってる。
この船、実はスクリューで動いてるんでしょ?
と勘ぐってみて調べたら、ホントにこの赤い外輪で
推進してるんだって。
なんだか感激。
嘘ばかりの世の中な中で、ホントに外輪で頑張ってるなんて、
頑張れ、外輪船!負けるな、外輪船!(笑)

で、外輪推進システムゆえに船尾の波も外輪パドリングに同期して
波打ってるの図。

SH530073s.jpg


波よりも景色の方が綺麗?
その通りでごんす。
そして世の中は全部幻かも知れない。(笑)

最後にくたびれた女の写真でもアップします。
これも幻かも知れない。
くれぐれも惚れることなかれ。(絶対ないだろうけど・笑)

SH530075s.jpg


【2005/03/02 04:24】 雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。