つい見逃してしまいそうな日々の生活の中の出来事から、何となく奇妙とか変とか思ったことを考え呟いています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

ひまわり6号運用開始
本日の日本時間正午よりMTSAT(愛称:ひまわり6号)の
運用が開始されたそうです。

日本の気象衛星“復活” ひまわり6号を正式運用

振り返れば、
2005/02/26
18:25(JST)
に、MTSATを搭載したH2A7号機のメインエンジンに点火。
機体は順調に上昇しました。

286s.jpg


285s.jpg


MTSATは静止トランスファー軌道から無事に静止軌道に乗り、
2005/03/25にはMTSATにより試写された地球の画像が公開されました。

2005032501s.jpg


今までピンチヒッターで使用されていた気象衛星ゴーズよりも
格段に緻密になった画像は、今までよりもリアルな地球の
姿を捉えていることを、きっとお茶の間でも体感できるんじゃないかな。
スポンサーサイト
【2005/06/28 16:07】 宇宙 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

サラリーマン増税
個人所得課税のあり方をまとめた報告書を政府税制調査会が
正式発表したそうです。

<政府税調>サラリーマンにとって増税色の濃い報告書を発表

報道にもある通り、国(所得税)から地方(個人住民税)への
税源移譲の動きも絡んでいますが、今回の所得税増税は移譲後の
国税の補填にも見える気がします。
つまり移譲に名を借りてはいるものの、事実上は地方税増税が
この政府税制調査会の報告じゃないかと思います。

更に政府税制調査会の石会長は、
「この国を支えるには、サラリーマンに頑張ってもらうしかない
というメッセージを送りたい」
と発言して、就業者層の約8割を占めるサラリーマン層に
税負担を求めるのはやむを得ないとの考えを示したそうですが、
公平性を無視した乱暴な発言ではないでしょうか。

まずは、税源移譲ということに増税を絡めるのは
議論の論点をぼやかしてしまってフェアじゃないんじゃないかな。
そして、給与所得者を狙い撃ちにした増税は余りにも安易だし、
公平性に欠けるんじゃないかなということもあると思います。

財政再建は待ったなし。
『はい、左様で御座いますか。』
皆が公平感を持てる税制を作らない限り、
今後の財政危機は乗り越えられない。
(自営業者と給与所得者の)オールジャパンで
負担しないといけない。
『はい、左様で御座いますか。』

財政再建の雰囲気作りにも国は躍起になっているみたいですね。

国の借金、781兆円に=1人当たり612万円-04年度末

だけどね、このブログで前回記事にしたわいせつ教師に払っている
退職金は何とかして欲しい訳ですよ。

国だって例外ではありません。

国交省3事務所「作業服」と偽り公費でユニホーム購入

野球のユニフォームを組織ぐるみで税金で購入するなど言語道断です。
ちょっと探しただけでこうした報道がたくさん出てきます。
真面目に税金を払っているのが本当にばかばかしくなります。

財政再建のための増税は税金を不正に使用した公務員や
税金を無駄遣いした公務員に負担してもらうのが
よいのではないでしょうか。
それでも不足する部分を、公務員も含めて国民が公平に負担する。
それが、真面目に公務に励んでいる公務員の人や
国民に対して筋を通すことになるのではないでしょうか。
【2005/06/24 17:12】 政治 | TRACKBACK(4) | COMMENT(2) |

重い?軽い?丁度いい?
久しぶりの新規記事です。

なんだかなーという報道。

<わいせつ教職員>懲戒免職と諭旨免職、処分で「地域格差」


04年度にわいせつ行為で免職となった教職員は
全国で少なくとも101人だそうで、
たった一年間だけ、それも犯人が教職員限定での数字です。
“少なくとも”3~4日に一人は教職員がわいせつ行為をはたらいて
検挙されていることになります。
犯人が検挙されてない例や教職員じゃない犯人の例も含めれば、
数字はもの凄く大きな数になりそうです。

そして、全国のわいせつ教職員101人で89人は懲戒免職。
諭旨免職は12人だけ。
そのうち8人が東京都の教職員。

そりゃ東京都が言う様にケース毎に判断するのは必要だけど、
東京都のわいせつ教職員だけが全国に比べて軽いわいせつ行為
だったのかどうかは判らない訳です。

女性の部屋をのぞこうとして家宅侵入した東京都教職員にも
呆れ果てますが、これが諭旨免職ってやっぱり奇妙じゃありませんか?
百歩譲って教職員であることを考えないとしても、
それでもそれでも諭旨免職は軽すぎると思うけど。
【2005/06/21 18:03】 社会 | TRACKBACK(1) | COMMENT(2) |

いい人そう
こういう人も居るなら、世の中まだまだ捨てたものじゃないと思いました。

「いい人そう」 無職男、タクシー強盗やめる

ギャンブル癖から借金がかさみ、その支払いのために強盗を思い付いた。

この短絡的な発想は強盗犯罪に多く見られる誠に身勝手な発想です。
ここまで身勝手な発想ができる人だからこそ、ギャンブルで身を
持ち崩せるところまで借金を重ねていける、とも言えるかも知れません。

もちろん、強盗被害者からすればこんなに理不尽な話はないでしょう。
そして政治は犯罪加害者へは弁護士費用と衣食住を提供している一方で、
犯罪被害者への救済は微々たる予算しか組んでいないそうです。

「いい人そう」という感受性を鈍感にしないことは、
犯罪抑止には相当効果があると思います。
犯罪を未然に防げた結果だけみれば、未遂犯人も「いい人そう」です。
同じ世の中で一緒に頑張っている人を、
自分の身勝手や無責任の犠牲者にしてしまう罪悪に、
よくぞ事前に気付いてくれた、と思います。

未遂犯なので犯意を抱いて行動を起こした時点で犯罪ではありますが、
ギリギリのところであっても「いい人」という共感から
悲惨な事件が防止できたことこそ、私は人の気持ちを信じたい、
と思うんですよね。

この事件は珍しい奇妙な感じのする事件ではありますけれども、
これが奇妙とされない社会にしたいですね。
【2005/06/08 13:51】 社会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

科学技術と社会的責任
なんでこうも科学と責任を軽視できるのか不思議です。

脱線電車と同じ製造時異なる車両連結、ブレーキ異常?

JR西は自分の会社の技術者が学会に報告したテーマを
改めて調査すべきだと思いませんか?
どうして調査もせずに、
「異なる番台でも運用を続けているが、実際の運転に影響が
あったという報告はなく、全く問題ない」
と言えるのか不思議です。

「現場から報告が無い」ことと「問題が無いこと」が違うことだと
いうことがまだ判らないのでしょうか、この会社。

事故を防止する上で科学的な検証はとても大切なことだと
思うけど。
もし電車に欠陥があって事故になった場合、
「事故の原因となった欠陥は製造したメーカーのせい。」
と言えば無責任でよいとでも思っているのかな。

もちろんメーカーは科学に基づいて電車を設計し、
製造においても厳しい品質管理の中で製造し、
運用に耐える総合的な性能を満たしているかを試験して、
その上で出荷しているとは思いますけど、
運用している会社にしか判らない欠陥も絶対にあると思うけど。

特にこうした組み合わせが絡んだ試験ではメーカーでの試験にも
予算と時間の限界があるし、JR西が検収する際にも全組合せを
確認なんてできないはずです。

増して、自分の会社の技術者が報告している事例に尼崎脱線事故の
車両の組み合わせが一致しているのだから、
「報告が無いから問題はありません。」
っていうのは余りにも科学も社会も軽視した無責任な回答だと
思ってしまうのです。

この件について国土交通省航空・鉄道事故調査委員会が関連を
調べることにしてくれたのは救いですが、
こんな調査は本来はJR西が率先してするべきですよね。
「報告が無いから問題はありません。」などとノーテンキな
コメントを出す前に本当に問題が無いのかどうか…。
【2005/06/07 20:17】 社会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

同意無き個人情報の流通
国民年金保険料の未納者はお金を払いなさいっていうことですが、
個人情報を勝手に流していい、というのはどうなんでしょうね。

年金未納者の所得情報、70市町村が「提供不可能」

記事では、

>被保険者の所得情報提供申し入れは、昨年成立した年金改革関連法で可能となっている。

と指摘されていますけれども、申し入れ自体は違法でないとしても、
提供するかどうかは自治体判断ということなのでしょうか。

個人情報保護法によって個人情報は保護されるべきものと
されていますし、政府や自治体だけが保護違反の規制対象外と
されているのは人権上の問題がかなりあると思うし、
金沢地裁では個人情報の「自己コントロール権」が人権として
認められたばかりです。

それに対して自治体が本人に無断で個人情報を提供しても
問題無い、とする社会保険庁が根拠にしているのは、
1963年の内閣法制局見解なんだそうです。
42年も昔(笑)の、それも司法ではなく行政の公務員の見解を
根拠に持ち出してこられても、そうですね、とは言い難いですよね。

それもこの見解は税金に対する見解ですから、見解の適用を
国民年金にまで拡大解釈していいかどうかもきちんとした議論が
必要だと思うけど。
少なくとも社会保険庁が勝手に決めていいはずがありません。

要するに、社会保険庁は国民年金加入者の同意を得ればいいだけでしょう?

江角さんの未納事件の時、小泉さんや政治家の支払い状況を
興味本位からアクセスしていた社会保険庁なんだもの。
社会保険庁は国民を尊重する姿勢をきちんと国民に示すことが必要だし、
そのためにはこの問題を解決するために40年以上も前の
行政の公務員の見解、それも拡大解釈しなければならない様な
ピンボケの見解を持ち出す前に、国民の同意を取れよって
思ってしまうのです。

ちなみに私は失業中の2ヶ月でもきちんと国民年金に加入して納付してます。
筋を通して適正な徴収を図る上では、社会保険庁は同意取得が
未払い者の言い訳にならない様なやり方を考えて下さいね。
権力だけで国民が納得すると思ったら大間違いです。
【2005/06/07 19:10】 政治 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

マインドコントロール
心は目に見えない、というのは昔も今も変わりませんが、
そうした心の領域にも脳の器質学的な医学研究が行われていて、
着々と成果を出している、ということでしょうか。

ということで、当ブログ始まって最初の医療カテゴリー記事です。(笑)

人を信用させる物質特定 ホルモンの一種、悪用心配

統合失調症(旧:精神分裂病)、うつなんかでも今はよい薬があって、
精神障害に含まれているトラブルも、心が病んでいるというよりは、
そう見えるのは症状に過ぎず、その原因を探ると脳の器質的な
バランス異常などのトラブルが原因になっている、ということも
医学は明らかにしてきていますね。
こうした研究の成果は、患者さんへの偏見を払拭する上でも
とても大きな力となってきました。

さて、人を信用させてしまう薬、
更には母乳を分泌させたり、出産時に子宮を収縮させたりするそうですが、
臨床検査では既にオキシトシン検査はメニューに加えられていて、
つまり既知のホルモンだった様ですね。
機能面が明らかになったのが凄い、ということなのでしょう。

オキシトシン

記事では悪用の具体例を提示していませんが、
信用してはいけない人を薬で信用させることでの犯罪って感じだと、
誰にも知られたくないプライバシーを言わされるとか、
買わなくてもよい物品やサービスを買わされるとか、
強姦を和姦みたいに見せかけられるとか、
犯罪自体を被害者に気付かせない様に犯行を行うために犯人が
欲しがりそうな気がします。
#具体的に考えた方が判りやすそうなので具体例を考えてみましたが、
#書いてて悲しくなりますね。

記憶に障害が残らないなら、
投与されたホルモンが代謝されて基準値に戻った後で
振り返ってみれば、犯罪の被害に遭ったことに
気付くこともありそうですけど、
だけど、その犯罪を証明するのは凄く大変そうです。
もしこれが犯罪に悪用されることが増えれば、
泣き寝入りせざるを得ない被害者が続出、ということにも
なりかねませんね。

逆に、犯罪捜査にこのホルモンを使用すると、
容疑者の自供を引き出すのは容易になるかも知れません。
#容疑者が女性の場合で母乳が出ちゃったりするのはまだしも、
#妊婦さんの場合だったら早産の原因になったりしそうなので、
#ある程度の制限は必要なんでしょうが。

だけど、そうして得られた自供に裁判所が証拠能力を認めるかどうか…、
『警察を強制的に信用させて得られた自供』
ってどうなんでしょうね。

とにかく、だからこそ心は大切にしたいと思う。

ということで落ちとさせて頂きます。(笑)
【2005/06/02 17:28】 医療 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。