つい見逃してしまいそうな日々の生活の中の出来事から、何となく奇妙とか変とか思ったことを考え呟いています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

衆院解散総選挙
この話題には触れないつもりでしたが、とりあえずはちょっとだけ。^^

まずは言葉のイメージに囚われたくはないこと。
『造反』だの『行財政改革』だのという言葉にはレッテル効果がありますし、
おバカな私はコロっとレッテルに騙されて誤解して何度も煮え湯を
飲まされたことがありますんで。^^;

解散に至る経緯の焦点は「郵政民営化」。
しかし、国会に提出された法案は分社化された郵政公社が互いに株を
持ち合うことを許していたりして、内容的にはかなり骨抜きです。

ただし、いきなり理想的な制度を導入して無駄遣いをいきなりゼロに
するのはどの道無理、ということを認めるなら、
とりあえずは針のひと穴ということで
まずは郵政を民営化するだけでもいいのかも知れません。
その場合は、民営化の先はまだ長いけどこれが最初の一歩、
という見方になるんでしょうかね。

公共的な側面、地方の郵便局の存続の問題も確かにとても大切なことですから、
例えば、金融機関の規模に応じて過疎の土地にも拠点を作ることを
金融機関に義務づけるなどや、金融機関の業界団体に現在の赤字郵便局の
運営を引き継がせるなどの対策を講じればいいのでしょうから、
郵政民営化と地方郵便局の存続を別の問題として切り離せばよいだけの
ことでしょう。

そういう意味では、民営化反対を主張する政治家の論拠には
余り説得力を感じなかったのが正直なところではありますけれども、
そうした反対者の主張にも聞くべきところを見つけて改善することで
よりよい法になるという側面も否定はできません。
経済原理だけでことを進めれば貧富の格差が拡大するばかりであり、
憲法の平等の趣旨と解離することになるでしょう。
不便が嫌なら都会に住め、という流れが加速されます。

要するに、賛成派と反対派はもっと議論する必要があったのだと思います。
推進派の失敗の要因のひとつとしては、反対派の人との議論を避けて
自民党の看板をエサにして強行的に成立させようとした点ではなかったか、
と思います。

さて、とにかく衆院は解散総選挙ということが決まりました。
衆院の選挙に掛かる費用は500億円とも言われていますがそれも税金。
推進派のチョンボによる成立失敗を国民に負担させるなど酷いなぁと
思わないでもありません。
散々内輪もめで対立して挙句の果てに否決になったということを
首相は隠蔽したいのか、首相は「郵政解散」だなどと言っていて、
今回の選挙では反対した自民党議員の選挙区には自民党公認の対立候補を
立てると息巻いていますし、この選挙にしても郵政民営化を踏み絵にした
選挙戦であると位置付ける発言を繰り返しており、そうした対立構造を
基軸にした判断をすることに国民を誘導しています。

たった一法案が対立しただけで解散するなよ、と言いたいですね。
反対派議員とケンカしてこんなことになるなら、
否決が見えてきてどうせ今期の成立は無理だと判った時点で、
継続審議にして成立を一期遅らせればよかったのです。
他にも重要な法案がたくさんあったのに。
実際、政治資金規正法案はこの解散で廃案になってしまいましたし、
そうした損失も含めるならこの解散総選挙で失うものは
500億円だけではとても済まないですよね。

しかし、選挙が決まった以上は選挙は選挙。
解散した理由とはまた別の判断をしたいですね。
郵政民営化を踏み絵にした選挙戦であるとは全く思いません。
郵政民営化はあくまでもOne of themです。

今回当選した議員は解散が無い限りはまた新たな4年間を
国会で頑張ってもらわなくてはなりませんからね。
郵政民営化も4年間のうちの数%を占めるのは確かでしょうけど、
それだけで大切な一票を託す気には私はとてもなれないです。
スポンサーサイト
【2005/08/10 16:46】 政治 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

山の上の小学校
奇妙というと違うんだと思いますが、
夏休みに娘と標高881mに建つ小学校に行く機会がありました。

諏訪から伊那谷を天竜川に沿って下ったところにある、
長野県の松川町というところにある松川東小学校という学校なのですが、
伊那谷は両側を高い山に挟まれた典型的な河岸段丘の地形で、
小学校は天竜川から南アルプス方面に登って行きます。

クルマがすれ違えないほどの細い山道をクルマで20~30分も
登りつめるといきなり視界が開け、そこに忽然と大きな学校が
建ってるのには本当にビックリしました。

松川東小学校のホームページ

ホームページによると高台に位置するとありますけれども、
ここはどう見ても高台という地形じゃないです。
細い尾根の上の土地を平らにならして建てたって感じです。^^

正門から学校を見るとこんな感じ。

05081001.jpg


まぁ至って普通に学校ですよね。

それが、同じ場所で正門に背を向けて振り返ると
こんな景色が広がっています。

05081002.jpg


よくぞこんな場所にってなんだか感動しませんか。(笑)
正門前の道路も軽自動車がすれ違えるかどうかという微妙な幅しかなく、
ガードレールの先は断崖なんですよ。

そんな場所でプールもある本格的な学校があるのには本当に驚きました。
山の中なので集落は遠く、さぞかし通学は大変なんだろうなって
思いました。

正門に向かって右側には校章の石碑がありました。

05081003.jpg


そして、正門向かって左には校歌が刻まれた石碑。

05081004.jpg


この校歌の歌詞、凄く実感が湧きます。
#石碑に反射して見えてる景色にも注目です。

ひとしきり学校を見学させてもらい、
クルマに乗って道を下ろうとして100mも走ったところで、
野猿に遭遇してまたびっくり。(笑)
体長80cm位かな。ニホンザルなんでしょうね。
クルマの目の前を横断して行きました。

クルマを停めてサルの行った方を見ると猿のファミリーかな。
6匹ほどで戯れてましたです。お尻が妙にまっかっ赤。(笑)

娘もサルだー、サルだー、と大喜び。

よい夏休みの思い出になったね。^^
【2005/08/10 02:43】 雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

公害あれこれ
昨今はアスベストの害が社会を騒がせています。
クボタのアスベスト労災が認定されたことでいきなり話題に
なってきた気がします。
相も変わらず日本政府の対応は守り一方の感がありますし、
本来なら国民の安全、健康のために政府がリーダーシップを取るくらいの
姿勢で臨んで頂きたいものですが、アスベストについても
非加熱血液製剤による薬害の時と同様、政府の頭の中では国民の安全よりも
企業論理、官僚論理の優先に見えます。

薬害では、ぜん息発作時の気管支拡張噴霧剤のベロテック エロゾルが
オンブズマンにより薬害が指摘され、NHKでもクローズアップ現代で
採り上げられ、販売中止が求められるという事件もありました。

かくいう私もぜん息で随分と死ぬ思いをしてきた経験があります。
息が重たくて呼吸が出来なくなった時、ベロテックは直ぐに呼吸を
楽にしてくれて、ぜん息には本当に重宝する薬です。

bra.jpg


ただ、心臓がバクバクするんですよ、確かに。
もの凄く心臓に負担を掛けるだろうなっていうのは私も実感として判ります。
心臓を患っている人には命に関わる副作用になりかねないと思います。

だけど、日本ではぜん息発作に対する緊急医療体制の整備が
もの凄く遅れているんですよね。
ぜん息発作時の窒息死から取りあえず身を守るにはベロテック、
というのは現実的な選択肢だとは思います。

諸外国でベロテックが販売中止になっているのは、
その薬害性だけで判断されているわけではなく、
ぜん息の緊急医療体制の基盤整備が背景にあるから可能なんだと思います。

参考記事
年間4000人、ぜんそく死減らせ! 発作直後の対応強化 厚労省方針

要するに、日本政府は余りにも情報を出さなさ過ぎなんですよ。
アスベストにしても、ベロテックにしても、
諸外国と違う対応をするなら、それなりに合理的な理由を国民に
示すべきなんです。
何故日本だけがアスベスト禁止が近年だったのか理由を明確にして下さい。

ぜん息も対処の緊急性は最初から判っているのに、
記事によると「国が本格的なぜんそく死対策に取り組むのは初めて。」
って何で今更なんでしょうね。


あと、ヤバイだろうなって個人的に思っているのがマーガリンです。
マーガリンに、植物性油脂を原料とした健康的なイメージを持っている人も
少なく無いと思うのですが、植物性油脂が固形化するはずがないんです。

じゃあどうやって液体状の植物油を固形化しているかというと、
水素を添加して油脂の分子を変性させて作っているんですよ。
つまり、マーガリンの成分は植物性油脂だけではなく、
植物性油脂を化学反応させてトランス脂肪酸という自然界には無い
化学物質を生成させてマーガリンになっているのです。
言わばマーガリンはプラスチックの一種なんですね。

参考サイト
プラスチック食品・・・マーガリン

私はマーガリンを控えることでぜん息が快方に向かいましたが、
それを知ってる国民が日本にはどれくらい居るんでしょうね。


政府には、少子化を社会問題にする前に、国民の健康と安全を何よりも
優先して欲しい訳です。
食品やメディケーションももちろんそうですし、
多くの母親の実感はまさにこの記事の通りだと思います。

子育て環境“最悪” 妊婦・母親の8割

育児環境の社会整備の遅れを隠蔽するために少子化の責任を女性だけに
押し付けてきた政治の結果が、今の少子化問題として表面化しているんじゃ
ないでしょうか。


ある議員が「公務員は不正をしない。」と国会で言い切っていましたが、
妄想を言っていても何の解決にもならないですよね。
現実はどうかというと、国家公務員にもなってこんなみっともない事件は
起こして欲しくないわけですね。

<国家公務員法違反>気象台係長、女子休憩室に侵入し辞職

政治は早急に国民の安全と健康を守って欲しいと思います。
【2005/08/02 16:52】 社会 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。