FC2ブログ





つい見逃してしまいそうな日々の生活の中の出来事から、何となく奇妙とか変とか思ったことを考え呟いています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

SunFire V20z設定メモ
SunFireV100のwebサーバを仕立てて今も元気に稼動しているんだけど、
また新たなミッションが。

SunFire V20zを社内業務に用いる本番メールサーバにせよ、とのこと。
で、Solaris10のインストールから始めることに。
まずやっちゃったミスが、Sparc用をインストールしようとしてハマった。
#boot cdrom
って入れられないよ、どうしよう…。orz

と悩んでネットで調べたらCPUはAMD???
なんだ、インテル互換だからx86なのか。ああそうですか。^^;

x86のCDROMをセットして起動すると、
あっさりとCDROMから起動してくれました。^^

インストール自体は特に戸惑うことも無かった。
Sparc版と基本的には同じです。

ついでに、古いSparcから使ってないハードディスクを引っこ抜いて、
v20zに増設しました。
I/Fは同じSCSIの様なのでそのままアタッチメントに取り付けて
開いてるベイへ挿しただけ。
それだけでBIOSは昔からあったかの様に増設ディスクを何事も無かったかの様に
普通に認識。^^

で、インストールもつつがなく終わり、
次は静的なIPルートの設定をしなければならないす。

で、ネットを調べてみたら/etc/rc2.dに登録するやり方を見つけた。
この辺りはSolaris10だから、というテクではないんだね。

同ディレクトリにS73staticRouteという名前でファイルを作成。
/etc/hostsファイルにlocalgwのエントリを追加して再起動。
再起動後にnetstat -rでOKを確認。

同ファイルの内容は、

---------------------------------
#!/sbin/sh
case "$1" in
'start')
(
/usr/bin/echo "Adding IPv4 static route:"
/usr/sbin/route add net 172.16 localgw
) &
exit 0
;;
'stop')
(
/usr/bin/echo "Removing IPv4 static route"
/usr/sbin/route delete net 172.16 localgw
) &
exit 0
;;

*)
/usr/bin/echo "Usage: $0 { start | stop }"
exit 1
;;
esac
---------------------------------

で、今は素のSplaris10forx86が動いてる。
これからgnu関連ツールを入れていきます。
スポンサーサイト

【2006/06/01 15:16】 Solaris | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。