つい見逃してしまいそうな日々の生活の中の出来事から、何となく奇妙とか変とか思ったことを考え呟いています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

SunFire V20z設定メモ(1)
原題の枝番は『0』ということで今回は(1)…。

gnuを入れる前にサービスの管理を忘れてた。

まずは使わないサービスは『inetadm -d』と『svcadm disable』で停止。
inetサービスはtelnetとftp以外は全部止めた。

次に、TCP-Rapperの設定。デフォでは稼動していないので取りあえず起動。

# inetadm -M tcp_wrappers=TRUE

その後、/etc/hosts.allowと/etc/hosts.denyを編集作成して、
アクセス許可をするアクセス元IPアドレスを管理する。

# cat /etc/hosts.deny
ALL : ALL

# cat /etc/hosts.allow
#特定のネットワークセグメントからの接続を許可
ALL : 192.168.100.: allow
#特定のネットワークセグメントからftpサーバへの接続を許可
in.ftpd. : 192.168.120.: allow
#特定のホストからftpサーバへの接続を許可
in.ftpd. : 192.168.130.1: allow
#DNSで正引きと逆引きで名前とアドレスが一致しないホスト拒否
ALL : PARANOID : deny
スポンサーサイト

【2006/06/01 17:36】 Solaris | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。