つい見逃してしまいそうな日々の生活の中の出来事から、何となく奇妙とか変とか思ったことを考え呟いています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

SunFire V20z設定メモ(2)
さてさて、いよいよL7アプリの導入に向けた作業。

smtpサーバはpostfixをチョイス。
認証smtp機能も使いたい。
また、popもpop3+apopでお手軽に行くことにしました。

L7サーバ自体は最新で、サーバ作成ツールはお手軽にSolarisバイナリから
pkgaddでインストールすることにしよう。
SunFreewere.com
http://sunsite.sut.ac.jp/sun/solbin/

とりあえずはお手軽に、

gzip
gcc
make
wget
openssl

位を入れておいて、後は必要に応じて入れることに。

次にpostfix関連。

まずは認証smtpで使用するらしいCyrus-SASLを導入。

ソースを取得
% ftp://ftp.andrew.cmu.edu/pub/cyrus-mail/cyrus-sasl-2.1.21.tar.gz

解凍と展開
% gzip -d cyrus-sasl-2.1.21.tar.gz
% tar xvf cyrus-sasl-2.1.21.tar

コンパイル環境設定とメイク
% cd cyrus-sasl-2.1.21
% ./configure --with-openssl=/usr/local/ssl --with-gnu-ld
% make

何故かdes.hが無いと言われmake停止。
setenv CPPFLAGS -I/usr/local/ssl/include
にdes.hはあるんだけど…。^^;
スポンサーサイト

【2006/06/02 19:11】 Solaris | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。