つい見逃してしまいそうな日々の生活の中の出来事から、何となく奇妙とか変とか思ったことを考え呟いています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

SunFire V20z設定メモ(4)
日本語Solarisでは昔からftpサーバのin.ftpdも日本語環境になる。
以前はin.ftpd.shなどを作成して、

#!/bin/csh
setenv LANG C
/usr/sbin/in.ftpd

そしてin.ftpd.shをinetd.confのftpエントリに登録しなおして
kill -HUPなんてやってたけど、
Solaris10ではinetサービスの環境の管理も手軽にコマンドだけでできちゃう。

# svccfg -s ftp setenv LANG C

でお終い。楽チン。w


パッチの適用はSolaris10ではかなりタイト。
以前は、
http://sunsolve.sun.com/
からパッチクラスタをDLしてpatchコマンドで適用したけど、
Solaris10ではInternetに繋がっているホストであれば、

# smpatch update

のコマンドひとつで適用可能。
ただし、セキュリティパッチなど安全面で緊急性の高いパッチのみ無償。
まともなパッチはSunSolveのライセンスが必要。
smpatchを実行すると、

WARNING: インストールプログラムはパッチを見つけられません。

っていうのがやたらに出てくる。
時々、

XXXXXX-XX 適用されました。

というのが出てくる。
適用されるパッチが少ないのは無償だから?

その後、適用されなかったパッチを手動で適用するように警告が出る。
smpatch add -x idlist=/var/sadm/spool/disallowed_patch_list

この通りに入力すると、何故かリスト
/var/sadm/spool/disallowed_patch_list
には存在の無いパッチがあるよ、と怒られるので、
怒られるパッチIDのエントリを同リストより全て削除してから再び、
# smpatch add -x idlist=/var/sadm/spool/disallowed_patch_list
を実行すると適用された。
rebootしろ、と言ってこないけどrebootすべきだよね。これ。多分。
ということでreboot。立ち上がってくるかしばし不安だけど、
無事に起動してくれました。^^

定常業務のパッチ当て、基本的には、
# smpatch update
でOKな様です。



logのローテーションは、
/etc/logadm.confで設定する。
実際にローテーションするプロセスはlogadmでrootのcronで定期的に
実行されるのがデフォ。
スポンサーサイト

【2006/06/05 20:35】 Solaris | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。